TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

コールセンターのオペレーターにパソコンスキルは必要?

応募・面接

コールセンターのオペレーターにパソコンスキルは必要?

コールセンターで働くオペレーターはマイクの付いたヘッドセットを装着し、お客様と会話をします。このようなお客様の対応ではパソコンを操作しながら話す必要があります。

この作業を難しく感じる方も多く、パソコンスキルがなければコールセンターでは働けないと諦めてしまうケースがあります。

この記事ではオペレーターに必要なパソコンスキルについて解説します。これからオペレーターの仕事を始めようと考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

パソコンスキルの有無で合否が決まる?

パソコンを全く触ったことがないという方と、最低限のパソコンのスキルを持っているという方がいたとします。

パソコンのスキル以外には大きく違いがないとして、どちらが採用されると思いますか?答えは、両方です。

では、なぜパソコンスキルが全くなくても採用されるのでしょうか。実は、あまり知られていない理由があるのです。以下でその理由について解説していきます。

コールセンターで特別なパソコンスキルが求められない理由とは

多くのコールセンターでは独自のソフトを導入し、それを用いて業務を行います。つまり、独自のソフトを使いこなせるようになれば特別なパソコンのスキルは必要ないのです。

パソコンを使う仕事で最も多く使われる「マイクロソフトワード」や「マイクロソフトエクセル」はオペレーターの業務では重要視されません。

独自のソフトは使いこなせるもの?

では、肝心の独自のソフトについてですが、企業によって内容が大きく異なるため、実際にソフトを触って覚えていく必要があります。

一般的にコールセンターで働くことになったオペレーターには研修期間が設けられています。

業務によっては研修期間の半分以上を独自のソフトの入力練習に費やすこともあります。ポイントは、お客様と会話をしながら入力をすることです。

これは経験や慣れで上達していくものですが、最低限のラインに到達しなければ業務ができません。この研修期間で通常業務が行えるように取り組む必要があります。

なるべく事前準備をしておこう

このようにパソコンに不慣れな方でも研修期間を経て、オペレーターとしてデビューします。ですが、研修と実際の業務は全く違うもの。実務に入る前になるべく準備してくことをお勧めします。

事前準備で重要なのは、タイピングです。本格的にオペレーター業務を行うのであれば、タイピングの速さは必ず武器になります。自宅にパソコンがある方は、タイピングの練習をしておくとよいでしょう。

TMJでは、パソコンスキルに不安がある方でも安心して業務を行っていただけるよう、研修中はもちろん、デビュー後もしっかりサポートいたします。気になるお仕事がありましたら、ぜひご応募ください!

お仕事を検索