TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

テレフォンアポインターの業務内容とメリット・デメリットを教えます

入社前

テレフォンアポインターの業務内容とメリット・デメリットを教えます

テレフォンアポインターのメリットとデメリット

コールセンターの求人の数はとても多く、選ぶのも迷いますね。その中でもお給料が高く、フリースタイルで働くことができるテレフォンアポインターは興味を引きます。コールセンター求人の花形とも言えるでしょう。ただ、募集が多いと言う事は、それだけニーズが高いと言うことなのか、もしかして辞める人が多いからか、気になるところだと思います。

テレフォンアポインターとはどのような仕事で、どのような方が向いていて、給与体系や働き方はどうなのか。気になるところをご紹介したいと思います。

テレフォンアポインターの業務内容

コールセンターの求人は大きく分けて、インバウンド(受信)業務とアウトバウンド(発信)業務の2種類があります。テレフォンアポインターは、アウトバウンド(発信)業務の代表的な職種です。

企業の商品やサービスを電話でお客様にお知らせし、アポイントを取ったり、提案したり、セールスを行います。つまり、企業内勤務の営業と言えるでしょう。顧客の新規獲得のためにテレアポを行うことが主な業務です。

テレフォンアポインターに向いている人

テレフォンアポインターになるのに必要な資格はありませんが、営業や販売の経験を活かせる仕事です。もちろん、未経験の方も充実した研修を受けることで、知識やスキルを十分に習得することができますので、無理なく始めることができます。

テレフォンアポインターと言いますと、商品やサービスを売り込み、お客様を説得するイメージがあるかもしれません。しかし、押して売るのではなく、お客様に合わせてお話をし、ニーズを聴いたうえで、おひとりおひとりにあった商品や提案をすることが本来のスタイルと言えます。話す能力だけではなく、聴く能力も重要です。

テレフォンアポインターのメリット

高時給で自由度が高いという印象が強いのではないでしょうか。

コールセンターの求人のメリットとして、自由度の高いシフト制が挙げられます。

働く時間も選べて、自分の都合に合わせやすいため、主婦の方なら子どものいない午前中や昼間だけ、学生なら授業のない時間帯だけ、Wワークの方も夜間だけという選択もできます。

他にも以下のようなメリットが挙げられます。

  • 服装や髪形など自由。
  • インセンティブをもらえるケースが多く、高時給を期待できる。
  • ほとんどのオフィスは駅近の便利な場所。
  • 室内で行う座り仕事なので体力的にも楽。
  • 電話での対応なので、直接お客様と会わなくて済む。
  • 営業能力が高まり、ビジネスマナーが身につく。
  • 自分のペースでできる。

テレフォンアポインターのデメリット

  • 電話に出た方すべてが話を聞いてくれるわけではない。
  • 話し好きなお客様につかまると長電話になりやすい。
  • ノルマが設定されている場合はプレッシャーがある。(ペナルティは無いケースがほとんどです)

テレフォンアポインターで身につくスキル

  • 営業力、交渉能力が高まる。
  • 電話対応のマナーやビジネスマナーを習得できる。
  • コミュニケーション能力が身につく。

メンタルが強い人の方がテレアポに向いていると言われますが、耐えるという精神力の強さよりも上手に気持ちを切り替えて柔軟に対処できる人の方がテレフォンアポインターには向いています。様々な経験を重ねることで、自然に前向きになれる思考が備わっていくでしょう。

さらに詳しく身につくスキルについて知りたい方は、「コールセンターでキャリアアップ!身につく資格やスキルをご紹介」の記事をご覧ください。

まとめ

コールセンターの求人の中でもテレフォンアポインターは、働く時間・スタイルの自由度が高く、高時給も見込めます。テレフォンアポインターを経験する事により、関係する業界や、営業・販売などでの就職に有利な知識とスキルを手に入れられます。電話越しの対応能力アップは、面接やグループ討議でもかなり有利に働きますので、就職活動でも役に立つでしょう。

お仕事を検索