TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

コールセンターのインバウンド・アウトバウンドとは?

入社前

コールセンターのインバウンド・アウトバウンドとは?

コールセンターの求人にはインバウンド(受信)とアウトバウンド(発信)の2種類があり、特に未経験の方は、自分がどちらの仕事に向いているのか気になりますよね。

この記事ではインバウンドとアウトバウンドの仕事内容や特徴・やりがいをご紹介します。

インバウンド(受信)とは?

インバウンドの仕事内容

コールセンターのインバウンドは携帯電話会社などの「お客様相談窓口」「カスタマーサポートセンター」の一員として、お客様からのお問い合わせに応対します。インバウンドの役割はお客様の問題を解決することです。

インバウンドの特徴・やりがい

インバウンドの特徴は次の2つです。

  1. オペレーターがお客様のさまざまなお問い合わせに応対する
  2. お客様の問題に対して、スムーズな解決が求められる

多くの場合は「トークスクリプト」を活用してお客様のお問い合わせに応対します。

また、インバウンドではトークスクリプトや業務知識、コミュニケーションスキルを活用して、お客様に最適なご案内ができた時にやりがいを感じる方が多いようです。

インバウンドのやりがいをさらに知りたい方は「コールセンターの仕事でやりがいを感じることは?経験者に聞きました!」をチェックしてみてください。

インバウンドに向いている人

インバウンドの仕事はお客様の要望を正確に聞き取った上で、スムーズな応対が求められます。そのため、人の役に立つために働きたい方人の話を正確に聞き取り、対応できる方がコールセンターのインバウンドに向いています。

また、コールセンターのインバウンドはクレームの応対が難しいイメージもありますが、トークスクリプトや管理者などまわりのメンバーのサポートによって、未経験の方でも徐々に対応できるようになります。

アウトバウンド(発信)とは?

アウトバウンドの仕事内容

コールセンターのアウトバウンドはオペレーターからお客様へお電話をして、商品やサービスのご提案をします。アウトバウンドの主な役割は契約の成約・セールスアポイントの獲得です。

アウトバウンドの特徴・やりがい

コールセンターのアウトバウンドの特徴は次の2つです。

  1. オペレーターからお客様にお電話をする
  2. お客様のニーズを理解し、メリットを感じてもらえるようなトークスキルが求められる

アウトバウンドは契約の成約・セールスアポイントの獲得が目標になる場合が多いため、目標達成意欲の高い方がやりがいを感じるようです。

アウトバウンドのやりがいをさらに知りたい方は「コールセンターの仕事でやりがいを感じることは?経験者に聞きました!」をチェックしてみてください。

アウトバウンドに向いている人

コールセンターのアウトバウンドはお客様の要望に合った話をして、提案にメリットや興味を感じてもらう必要があります
そのため、セールストークが得意な方仕事に強く達成感を求めている方におすすめのお仕事です。

アウトバウンドはインセンティブ(成約報酬)の制度が設けられているセンターもあり、成果次第で高収入も望めます。

まとめ

インバウンドはお客様の要望を正確に聞き取り、スムーズに課題解決するスキルが活かせる職種です。
一方、アウトバウンドはお客様の要望に合わせたトークで契約の成約・セールスアポイントを獲得するなど、営業スキルが活かせる職種です。

TMJではインバウンド・アウトバウンドどちらのコールセンターでも、一緒に働く方を募集しています。

「インバウンドで困っている人の力になりたい」方も「アウトバウンドで相手のためになる情報を届けたい」方も、気軽にお仕事を探してみてくださいね。

お仕事を検索