TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

コールセンターのアルバイトは大学生におすすめ?気になる評判や仕事内容をご紹介

お仕事情報

コールセンターのアルバイトは大学生におすすめ?気になる評判や仕事内容をご紹介

あなたは、求人サイトで「コールセンター 学生」などと入力して検索した経験はありますか?
コールセンターは仕事内容をイメージすると、学生の方が携わる業務としてはややハードルが高く感じるかもしれません。社会人の方のダブルワークや主婦の方などのパートのイメージもあると思います。

実はコールセンターの仕事は、時間をうまく使いたい大学生こそ快適に勤めることが可能です。
ここではコールセンターの仕事がどのような内容なのか、どんな部分が大学生にもおすすめなのかをお伝えします。

<目次>
コールセンターの仕事内容
コールセンターのバイトのメリット
コールセンターのバイトはきつい?
コールセンターのバイトが向いている人の特徴
コールセンターのアルバイトが大学生におすすめな理由
忙しい大学生も効率的に稼げるアルバイト
コールセンターのバイトを探すときのポイント
コールセンターバイトの面接の対策方法
コールセンターの仕事に挑戦してスキルを磨こう!

コールセンターの仕事内容

コールセンターの仕事はは2種類に分類され、一つは、インバウンドといいお客様からの電話を受ける受信業務です。
これはお客様からのお問い合わせや注文に対応したり、社内業務を支援する仕事です。

そしてもう一方はアウトバウンドといってお客様に電話を掛ける発信業務です。料金に関するご連絡や書類提出の催促、商品の営業、アンケート調査などが挙げられます。
アウトバウンドはマニュアルに沿った内容をお客様に案内することが多く、イレギュラーな対応が少ないため、初心者でも始めやすい業務です。

一方、インバウンドはお客様のお問い合わせ内容に合わせてさまざまな案内をする必要があり、ある程度商品やサービスに関する知識が求められるため、アウトバウンドより研修期間が長い傾向にあります。

仕事内容を詳しく知りたい方はコールセンターのインバウンド・アウトバウンドとは?違いと向いてる人の特徴「コールセンターのインバウンド・アウトバウンドとは?違いと向いてる人の特徴」も参考にしてくださいね。

△目次へ戻る

コールセンターのバイトのメリット

コールセンターのバイトには幅広いメリットがあります。

・コミュニケーション能力を磨ける
まず、お客様と電話でやり取りする中で、コミュニケーション能力を磨けるというメリットが挙げられます。正しい言葉遣いを意識して話す癖が身に付くため、コールセンターで働いた経験は就職活動などでも役に立つでしょう。
目上の人との話し方や、電話での受け答えの仕方など、社会人になってからのマナーが学べるのも魅力です。

・服装やシフトの自由度が高い
次に、服装やシフトの自由度が高いこともコールセンターのバイトのメリットです。
実際にお客様と対面して話すわけではないため、コールセンターのバイトでは自由な服装で働ける職場が多いです。シフトの柔軟さは職場にもよりますが、1日3時間だけといった働き方ができる職場もあるので、探してみるとよいでしょう。

・未経験者も働きやすい
また、マニュアル完備で未経験者も働きやすいというメリットもあります。コールセンターでは充実した研修や詳細なマニュアルで新人をサポートする体制が整っており、経験がない学生も安心して働けます。

△目次へ戻る

コールセンターのバイトはきつい?

コールセンターのバイトできついと感じる場面もないわけではありません。
どのような内容が働く際に負担になるのでしょうか?

・クレーム対応
例えば、クレーム対応がきついと感じるケースがあります。
インバウンドでもアウトバウンドでも、お客様から苦情が寄せられたときは真摯に対応しなくてはなりません。
一方的にクレームを言われて気分が落ち込んだり、イライラしたお客様を怒らせないように気を配ったりと、精神的に疲れてしまう場面もあるようです。
お客様に営業電話をかけるアウトバウンド業務では、つながった電話をすぐに切られる、怒鳴られるといった場面できついと感じるかもしれません。

・営業ノルマが課された際
次に、営業ノルマが課せられている場合はプレッシャーがあり、きついと感じる人もいます。
例えば、周りが成績のよい人ばかりだと余計に焦ってしまい、精神的な負担を抱えてしまうという点もあるでしょう。

しかし、コールセンターではきついと感じるときも先輩やSVが相談に乗ってくれます。
一人で悩みを抱え込まず、困ったときや辛いときは誰かに相談してみるのも大切です。

△目次へ戻る

コールセンターのバイトが向いている人の特徴

・しっかりと稼ぎたい人
コールセンターのバイトの多くは、通常の求人よりも時給が高めに設定されている傾向があります。そのため、バイトでしっかり稼ぎたい人にはコールセンターが向いているでしょう。
特に、アウトバウンドでは成果に応じて収入が上がる出来高制を採用している職場も多いため、セールストークに自信がある人は挑戦してみてください。

・人と話すのが好きな人
次に、人と話すのが好きな人もコールセンターのバイトが向いています。コールセンターではお客様との会話が業務の基本となるため、コミュニケーション能力が高い人は歓迎されるでしょう。

・丁寧に説明できる人
そして、丁寧に説明できる人にもコールセンターのバイトをおすすめします。お客様の質問に対してわかりやすく答えられる人材は、どの職場でも重宝されるはずです。

△目次へ戻る

コールセンターのアルバイトが大学生におすすめな理由

仕事内容を見ると、専門知識が問われる内容に感じるかもしれませんが、コールセンターには、きちんとしたマニュアルが準備されているので安心です。

コールセンターは消費者と企業をつなぐ橋渡しとなる場所です。だからこそ、どの企業もわかりやすく丁寧なマニュアルを作成していることがほとんどです。企業によっては手厚い研修制度を設けているところもあります。

コールセンターで仕事をしていると、クレームの電話や名前が聞き取れないなど対応に困ることもあります。しかし、周りには必ず管理者やリーダーなど経験豊富なスタッフが常駐しているので心配する必要はありません。

業務に入る前に基本の研修を受け、いつでもマニュアルを確認できるため、社会人としての経験がない大学生でも安心して働ける環境です。経験を積むことで、自然とビジネススキルやコミュニケーションスキルが身に付くため、就職時に役立つでしょう。

また、多くのコールセンターはシフト勤務のため、学校の授業が終わった後や授業がない日に仕事を入れたりと、働く時間を調整できます。

\ 関連記事 /

他にも、お客様と直接お会いすることはないため、服装が自由だという点も大学生にとっては嬉しいポイントかもしれません。

△目次へ戻る

忙しい大学生も効率的に稼げるアルバイト

せっかく働くのですから、時給について気になるという方も多いはずです。
実際にコールセンターの求人情報を検索すると大半が時給1000円以上となっています。一般的に時給は時間や曜日で異なりますが、勤務地によっては800円台や900円台ということもあります。時給が高い点は魅力的ではないでしょうか。

また、インバウンド業務の中でも営業の場合、契約件数によって時給にインセンティブが上乗せされるケースもあります。

\コールセンター・事務の案件多数/

お仕事を検索

△目次へ戻る

コールセンターのバイトを探すときのポイント

コールセンターのバイトを探すときは、自分に合った求人を見つけるためのポイントを押さえておきましょう。

・副業で働けるか確認
アルバイトの掛け持ちを検討している場合は、副業として働けるかどうかを確認してください。
コールセンターでは会社によって同業他社での副業がNGや副業を認めていない職場も存在しますので、確認が必要です。
今よりも多く稼ぎたい、柔軟なシフトで自由に働きたいという人は、副業OKのコールセンターの求人を探すとよいでしょう。

・年齢にかかわらず活躍できるか
次に、年齢にかかわらず活躍できるかどうかもポイントの一つです。大学生でも活躍できるのか、職場の年齢構成はどうなっているのかなど、確認できる範囲で調べておくことをおすすめします。

多くのコールセンターでは幅広い年代の人が活躍しており、学生や主婦、フリーターなどが多数在籍しています。
バイトから正社員へのキャリアアップを狙っている場合は、正社員になれる可能性があるかどうかも確かめておきましょう。正社員への登用実績があるコールセンターなら、ゆくゆくはSVとして活躍できるかもしれません。

△目次へ戻る

コールセンターバイトの面接の対策方法

コールセンターのバイトとして働きたい場合は、面接対策をしっかりとしておく必要があります。

・清潔感ある身だしなみと話し方
面接では清潔感のある身だしなみを心がけ、明るくはきはきと話すように心がけましょう。
コールセンターの仕事ではお客様の前に出る場合は少ないですが、身だしなみや挨拶などの基本的なマナーから人柄がわかるため、面接でも気を付けなくてはなりません。
また、聞き取りやすい声のトーンや丁寧な言葉遣いを意識し、お客様に失礼のない話し方ができるという点をアピールしましょう。

・面接で聞かれやすい質問の回答を用意しておく
次に、面接で聞かれやすい質問の回答を用意しておきましょう。
よく聞かれる質問としては、「前職を辞めた理由は何か」「どれくらいシフトに入れるか」「今までどんな仕事を経験してきたか」「いつから働けるか」などが挙げられます。
シフトについては特に聞かれやすい傾向にあるため、1日何時間、週に何日入りたいのかを事前に考えておくとよいでしょう。

面接で志望動機を聞かれたときは、人と話すのが好きであるという点や、長く働ける点などをアピールするのがおすすめです。コールセンターで歓迎されやすい資質を想定し、自分の特徴と重なる部分を探してみてください。

その他、コールセンターの仕事を通してビジネスマナーを身に付けたいなど、向上心が感じられる志望動機も好印象を与えやすいです。

△目次へ戻る

コールセンターの仕事に挑戦してスキルを磨こう!

コールセンターのアルバイトは、最初はマニュアルを覚えるのが大変そう!と思うかもしれません。しかし実際に大学生という若い感性を強みにテレフォンオペレーターとして活躍する方はたくさんいます。

コールセンターの仕事を探すにも何を基準にしたらいいかわからないという方も多いでしょう。求人票には、業務時間や時給などの基本情報の他に、具体的な仕事内容が記載されています。中には、見学可能な企業もあります。初めてで少し不安という方は、一度見学をしてみるとよいでしょう。

TMJのコールセンターも基本的な研修やマニュアルを用意して、どなたでも働きやすい環境を整えています。コールセンターでの経験はきっとあなたの将来に役立つはずです。ぜひ、こちらから気になるお仕事を検索してみてくださいね。

〈社員インタビュー動画〉
大学生メンバーの働く姿をご紹介

\ 関連記事 /

▲ページトップに戻る

コールセンター・事務のお仕事探し
求人サイト「TMJスタイル」とは?

特徴1

面接・面談がスムーズ♪マイページ登録機能あり!

基本情報の登録・確認・変更・応募求人の管理など基本24時間・365日いつでも無料でご利用できます○

 

特徴2

コールセンターのお仕事に関しての最新情報を多数掲載!

働き方やキャリアアップ方法など様々な情報を詳しく紹介しています◎

お仕事を検索