TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

コールセンターの給料の気になる支払方法!求人でよく見る「日払い」の実態に迫る

応募・面接

コールセンターの給料の気になる支払方法!求人でよく見る「日払い」の実態に迫る

コールセンターの給料の受け取り方、「日払い」の実態

仕事をする時、給料は誰もが気になる大事なポイントです。コールセンターの給料は、時給制で計算されるケースが多く、他の仕事に比べてやや高めの設定であることが多いです。

コールセンターの求人には、給料の受け取り方について「日払い可能」と記載されているものもあります。この条件は、「お金が今すぐに手元にほしい」という人には魅力的に感じられるかもしれません。

そんな日払い制度があるコールセンターの求人ですが、実際は当日お給料がもらえるというところは減ってきているようです。ここでは、意外と知られていないコールセンターの給料の「日払い」についてお話をしていきます。

「日払い可能」の落とし穴!日払いの定義

「日払い可能」という記載を見ると、その日に給料をもらうことができると思う人はとても多いものです。しかし実は、その認識は誤っており、多くの人が日払いの定義を正しく理解できていません。

給料の日払いの定義は、「給料の計算を1日単位でする」ことです。つまり、企業はその日のうちに給料を支払わなければいけない、ということではありません。実際は働いてから1週間後や10日後に振込みを行う企業も多くなってきているのです。

次に、コールセンターの日払いの方法をご紹介します。

1.その日のうちにもらえる日払い

多くの人が認識しているのは、その日のうちに給料をもらうことができる日払いでしょう。お金に困っている時にはとても助かる、「即日払い」という方法が該当します。
実際のところ、即日払いに対応しているコールセンターの求人はあまり多くありません。当日お金が欲しいという方は、対象の求人がどのように給料がもらえるのか事前確認をしておくことをおすすめします。

日払いの中には、管理事務所に給料を受け取りに行く方法をとっているところもあります。仕事が終わってから管理事務所へ出向き、働いた分の給料を手渡してもらうというものです。ただし、給料の計算をするため翌日以降に事務所へ行くように指示されるケースも多く、その日のうちにもらえるかというと、可能性が低い場合が多々あります。

2.後日振込みで給料をもらう日払い

1番多い日払いの方法は、後日振込みで給料が支払われるというものです。振込みで給料をもらう方法は、一般的な日払いのイメージとは異なっているかもしれません。

タイミングは3日後・1週間後・10日後など、会社によって違うので、振込みのタイミングをしっかりと確認しておきましょう。

コールセンターの求人にはどうして即日払いは少ないの?

日払い可能と記載されるコールセンターの求人も少なからず存在します。しかし、その日のうちに給料が手渡されることはとても少なく、通常は振込みでの支払いです。

なぜ、その日のうちに給料が支払われる「即日払い」が少なくなったのでしょうか。

振込みで支払いが行われるようになった一番の理由は、支払い後のトラブルが少ないことが挙げられます。近年日本でもひったくりなどの被害が多発している地域があります。防犯上の理由からも、現金を手渡すよりも、振込みで手続きする方が安全と考える企業が多くなっています。

給料の受け取り方は面接時に確認しよう

ここでは、コールセンターの求人にある「日払い」の実態についてお話をしました。
仕事を始める際に、給料の日払いを条件としている場合、応募の際や面接時に確認することをおすすめします。

TMJは福利厚生や社内制度について、オペレーターをサポートするためにさまざまな制度をご用意しています。一部の仕事になってしまいますが、給料が週払いされる制度も利用できます。
まずは、気になるお仕事がありましたらいつでもご連絡ください。あなたのご応募をお待ちしています。

お仕事を検索