TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

コールセンターの仕事は、いつから有給休暇が取れるの?一般的な例をご紹介

入社前

コールセンターの仕事は、いつから有給休暇が取れるの?一般的な例をご紹介

コールセンターの仕事は有給休暇が取得できる

パートやアルバイトの求人情報サイトの中で、募集人数の多いものとして、コールセンターの仕事が挙げられます。他の業種と比べ、未経験の方でも時給が高いことが多い仕事のため、人気の求人でもあります。

コールセンターの仕事は1日だけといった単発のケースは少なく、また、仕事によってはフルタイムのシフト勤務の場合もあります。そのため、ご自身の体調がすぐれなかったり、ご家族が風邪をひいたりして看病が必要なときなど、休暇を取りたいこともあるでしょう。

ご安心ください。コールセンターの仕事も、一定条件を満たせば、有給休暇を取得することが可能です。

コールセンターの仕事での有給休暇取得条件とは

コールセンターの仕事では、どのような条件がそろえば有給休暇を取得できるのでしょうか。

コールセンターに限らず、アルバイトやパートタイム労働者の権利として、有給休暇という制度が適用されます。厚生労働省が定める制度で、正式には「年次有給休暇」といいます。

有給休暇を取得できる条件としては

  1. 雇い入れの日から6か月経過していること
  2. その期間の所定労働日の8割以上出勤したこと

この2点からもわかるように、コールセンターの仕事を始めて半年が経過したら、7か月目から有給休暇の取得が可能です。

なお、所定労働日数の8割以上出勤により、最初に有給休暇が付与されてから1年後(働き始めて1年半後)に2年目分の有給休暇が付与されます。

コールセンターでは有給休暇は何日取れる?

有給休暇を取得できる日数も、厚生労働省によって定められています。

フルタイム勤務(週5日間、1日あたり8時間勤務)の正社員の場合は、6か月で10日、1年半で11日……と勤続6年6か月まで、少しずつ有給休暇の日数が増えます。

コールセンターのアルバイトの場合は、一週間に何日働くかによって付与される有給休暇の日数が異なります。週4日勤務の場合、仕事を始めて6か月経過してもらえる有給休暇は7日、週3日勤務の場合は5日、週2日勤務の場合は3日、週1日勤務の場合は1日です。いずれの場合も、勤続年数が長くなるにつれ、6年半までは有給休暇の日数が少しずつ増えていきます。

コールセンターの有給休暇取得の際に気を付けること

コールセンターのアルバイトをする際に、有給休暇の取得は、労働者の権利であることをご紹介しました。ただし、しっかり有給休暇を活用するために、気を付けるべき点があります。

まずは、休みたいときに、その休みが有給休暇を利用しての休みであることを上司や会社に伝えることです。アルバイトの場合、休みたい日を申告しても、ただ「シフトを入れない」のだと判断されるケースがあります。休みたい日が決まったら、その日に「有給休暇を取りたい」という旨を予め職場に伝えましょう。

それから、有給休暇には取得期限があります。有給休暇が発生した日から2年以内に有給休暇を取得しなければ、無効になります。

また、有給休暇は権利だからといって、まわりに迷惑をかけていては仕事を続けることが難しくなります。その業務の繁忙期を避けて有給休暇を使う、できるだけ早く申請しておくなどの、社会人としての配慮は大切です。

コールセンターの有給休暇は事前に確認して活用しよう

ここでは、コールセンターの仕事で取得できる有給休暇についてご紹介しました。

求人情報に特に記載されていなくても、働き始めて6か月を越えれば有給休暇は取得できます。ただし、取得できる日数は働き方によって異なるため、前もってきちんと確認しましょう。コールセンターの仕事をする場合は、ご自身の有給休暇が何日あるのかや、その会社ごとの申請の方法をきちんと把握し、活用してください。

TMJのコールセンターでも、あなたのライフスタイルに合わせて勤務できるお仕事を多数用意しています。気になるお仕事があれば、ぜひお気軽にご応募ください。

お仕事を検索