TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

私でも保険会社のコールセンターで働ける?応募前に知っておきたい情報をご紹介

コールセンター業界情報

私でも保険会社のコールセンターで働ける?応募前に知っておきたい情報をご紹介

保険会社のコールセンター業務はコールセンターのお仕事の中でも時給が高めに設定されていることが多く、幅広い年代の方に人気です。

一方で「保険に関する専門知識が必要だから難しそう」と不安を感じて応募をためらってしまう方も少なくありません。

ここでは保険会社のコールセンターが気になっている方の不安を解消するために、保険会社のコールセンターの仕事内容や役立つスキル、働くメリット・デメリットなど、応募前に気になる情報をご紹介します。

保険会社のコールセンターの仕事内容
損害保険の場合
生命保険の場合
保険業界のコールセンターで役立つスキル
電話応対・接客
データ入力・タイピング
保険会社のコールセンターで取れる資格
保険会社のコールセンターで働くメリットとデメリット
メリット
デメリット
最後に

保険会社のコールセンターの仕事内容

まず初めに保険会社のコールセンターでオペレーターはどのような仕事をしているのか、保険の種類ごとにご紹介します。

損害保険の場合

損害保険とは交通事故やレジャーによる怪我、火災や天災などによる建物や家財の損害を保障する保険のことです。

インバウンド(受信)では主に損害保険に加入しているお客様からの問合せに応対し、状況を確認した上でレッカー車の手配や医療機関との連携などのサポートをします。

一方で、アウトバウンド(発信)では契約期間が満期のお客様や保険にまだ加入していない方にオペレーターから電話をして、ご希望に合った保険商品の提案と契約手続きを行います。

また既に保険に加入されているお客様に定期的に電話をして、最適なプランを提案するのもアウトバウンドのお仕事です。

生命保険の場合

生命保険とは病気になった時に自分や家族の生活を保障するため、または死亡時に家族の生活を保障するための保険です。

インバウンドでは生命保険に加入されているお客様からの電話に応対し、保険の解約や住所変更などの手続きや、保険金や保険商品の説明を行います。

アウトバウンドではリストアップされている保険解約希望のお客様へ電話をかけ、解約の原因をカバーできる保険商品を提案する業務などがあります。

保険業界のコールセンターで役立つスキル

保険会社のコールセンターでは次のようなスキルを持っている方は活躍しやすいと言われています。

電話応対・接客

保険会社のコールセンターでは緊急時のお問い合わせや、保険金に関するお問い合わせなど、素早く正確な電話応対が求められる場合もあるため、電話応対や接客のスキルが役に立ちます。

具体的には敬語の正しい使い方や問合せ内容を正しく把握できること、クレーム対応が必要な状況やお客様が焦っている状況でも落ち着いて正確な応対ができる精神力などが電話応対・接客スキルに含まれます。

データ入力・タイピング

保険会社のコールセンターでは、保険に加入されているお客様と話をしながら住所変更や解約の手続きをする場合や、お客様から伺った事故・事件の状況や応対した記録を入力することがあります。

そのため「手元を見ながらスムーズにタイピングができる方」や「1分間で50~60文字程度のタイピングができる方」など、応募資格にデータ入力・タイピングに関する条件が設けられている場合が少なくありません。

これらのスキルは入社後の研修でも身に付けることができるので、研修期間が1~3ヶ月程度設けられているお仕事であればコールセンターで働いたことがない方や経験が浅い方でも安心です。

保険会社のコールセンターで取れる資格

保険会社のコールセンターではお客様からの問合せの応対や電話営業を担当する前に「保険募集人資格」を取得します。

保険募集人資格とは、コールセンターのオペレーターが保険商品についてお客様に正確に説明するための知識があるか証明するための資格で、生命保険や損害保険の販売や相談窓口を担当する場合に必要です。

損害保険を扱うコールセンターで働く場合は「損保一般課程試験」、生命保険を扱うコールセンターで働くには「生保一般課程試験」に合格する必要があります。

保険会社または金融業界に馴染みのない方やコールセンター未経験の方にとって、保険募集人資格に合格することはハードルが高いと感じやすいですが、どちらも研修中にしっかり勉強していれば十分に合格できる資格なので、コールセンターのお仕事や保険会社・金融業界未経験の方でも問題ありません。

保険会社のコールセンターで働くメリットとデメリット

ここまでご紹介してきたように、保険会社のコールセンターでは保険に関する知識や冷静な対応が必要になるため「保険会社のコールセンターで働くと、デメリットの方が多いのではないか」と考える方も少なくありません。

しかし実際は、保険会社のコールセンターで働くメリットもあります。次で保険会社のコールセンターで働くメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

時給が高い

派遣社員の場合、コールセンターの全国平均時給は1,100円~1,300円程度ですが、保険会社のコールセンターでは時給1,600円以上のお仕事もあります。

そのため、コールセンターでオペレーターを経験してきた方がさらに高時給を目指したい場合や、接客業の経験を活かしてコールセンターのオペレーターとして安定した収入を得たい場合には保険会社のコールセンターで働くことがメリットになるでしょう。

資格が取れる

「電話応対の経験だけじゃ今後が不安…」「接客以外の経験も積みたい」と感じている方にとって保険会社のコールセンターはオペレーター経験に加えて、保険募集人資格を取得することで、保険の仕組みや保険商品に関する専門知識を学べます。

また資格を取ることで、損害保険や生命保険のスペシャリストとして、コールセンターのオペレーターだけではなく、営業職や事務職、商品開発職にもチャレンジしやすくなります。

デメリット

専門的な知識が必要

保険会社のコールセンターでは専門性の高い契約手続きや、緊急の問合せに素早く応対する場面が多いため、コールセンターのお仕事に関する知識だけではなく、保険の基礎的な知識と商品に関する知識が求められます。

そのため、コールセンターのお仕事が初めての方が保険会社のコールセンターで働く場合は覚えることが多いので「きつい」と感じやすいかもしれません。

精神的なタフさが求められる

事故や事件に遭い、困っているお客様からの電話に応対する場合は、緊張度の高い環境で的確な指示ができる、精神力が求められます。

また保険会社のコールセンターに限らず、アウトバウンドのお仕事では必ずしも営業トークを聞いてもらえるわけではないため、根気強く仕事に取り組む必要があります。

最後に

高収入を狙えるだけではなく、保険商品を扱うための資格も取得できるのが保険会社のコールセンターの魅力です。

コールセンターのお仕事に興味がある方の中でも、コールセンターのオペレーターとしてさらに成長したい方や、後々はコールセンターのオペレーターだけではなく、保険業界の他職種でも働いてみたい方、未経験から専門性の高い仕事に挑戦してみたい方に保険会社のコールセンターはおすすめです。

ぜひ「お仕事を検索」ボタンからお仕事を探してみてくださいね!ご応募をお待ちしております。

お仕事を検索