TOKYO

OFFICE

SAPPORO

OFFICE

FUKUOKA

OFFICE

お役立ち情報 TMJ TIPS

札幌にコールセンターが多いのはなぜ?理由やお仕事を選ぶポイントを解説

コールセンター業界情報

札幌にコールセンターが多いのはなぜ?理由やお仕事を選ぶポイントを解説

コールセンターは全国に設置されていますが、近年急激に増えたのが北海道です。

【2021 年度 コールセンター企業 実態調査報告】によれば、(一般社団法人日本コールセンター協会(CCAJ) 情報調査委員会)コールセンター運営企業が保有しているセンター数は、東京都・大阪府に続き、北海道は全国第 3 位です。

北海道の中でも特に札幌市への開設が一番多く、続いて旭川市が続きます。

センター数が増えている分、オペレーターの求人を目にする機会も多くなりました。
コールセンターで働くことに興味があっても、どこのセンターが一番いいのか悩む方もいると思います。

この記事では札幌のコールセンターの特徴や、お仕事を選ぶ時の具体的なポイントについてご説明します。

< 目次 >
札幌にコールセンターが多い訳
札幌でバイトするならコールセンターがオススメの理由
寒い気候にも強い、室内オフィスワーク
大手企業の仕事が多く、スキルアップにつながる
シフトパターンや勤務期間が豊富でプライベートに合わせやすい
高時給
コールセンターを選ぶ時のポイント
自宅や学校から近く通いやすい場所を選ぶ
友人、知人が働いていれば【友人紹介】を利用する
コールセンター運営会社の HP を確認する
それでも悩んでしまった場合
札幌市内に拠点を持つコールセンター・TMJ とは?

札幌にコールセンターが多い訳

一般的にコールセンターは、代表的な稼働時間例が 9 時〜21 時など、「1 日の運営時間が⻑い」という特徴があります。
多くの人に快適に勤務してもらい、お客様への対応を違和感なく引き継げる必要があるためです。

上記特徴を考慮した際に、働く場所として適しているのは「午前や夜間などを働く層が多い地域」です。

条件に当てはまる地域は複数ありますが、そんな中でも、コールセンターが札幌に多く進出しています。
この章ではその理由を紹介します。

・広いオフィススペースが確保しやすい
札幌は東京や大阪などの人口密集地と比べて、活用できる土地が多く、オフィスの賃料も安くなっています。

コールセンターは執務エリアや休憩室、ロッカールームなどを広くとりたい業種の 1 つであり、札幌はその需要に沿う地域です。

・人口が増えている地域である
札幌市は、福岡市と並んで人口増が続いています。(他府県などからの流入の増加)
一方でコールセンターの人材難は⻑期にわたって続いていることから、労働人口が増えている札幌市への新規進出が増加しました。

札幌でバイトするならコールセンターがオススメの理由

設置数が増えて求人数も多いコールセンターですが、札幌市でおすすめしたいお仕事となる理由についてご説明します。

寒い気候にも強い、室内オフィスワーク

札幌市の冬期の平均気温は、氷点下 2 度〜8 度前後になります。
寒冷地での室内温度は、他の地域に比べると温かく守られています。
しかし、コンビニやファーストフードなどは、来客時にドアが開いて冷気が入る瞬間があり、仕事中にも寒いと感じる場面があるでしょう。

コールセンターの仕事は、必ず室内で行うお仕事です。
業務中に外部からの冷気を抑え、室内で座って行えるお仕事は快適といえます。

大手企業の仕事が多く、スキルアップにつながる

コールセンターを新規設置するには多くのコストがかかります。
そのため設置資金を用意できるのは、全国的にも有名な大手企業が大半です。

大手企業の特徴として、福利厚生が充実し研修や業務サポートも整っており、スキルアップする機会が設けられています。

求職者に人気が高い大手企業ですが、コールセンターの部門は比較的求人数が多く、入社しやすい傾向にあります。

シフトパターンや勤務期間が豊富でプライベートに合わせやすい

札幌は、夏は涼しい避暑地で冬は豊富な雪を利用したスキー場などのリゾート地が近隣に多く、期間限定のお仕事が豊富にあります。

夏の間だけ、冬の期間だけという季節によって仕事を分ける方もいるでしょう。
また転勤者など、家族の都合により期間限定で札幌にいるという主婦(夫)の方も多い地域です。

このような 臨機応変に働きたい方に、シフトパターンや勤務期間の種類が豊富なコールセンターをおすすめします。

高時給

札幌のコールセンターは、人手不足が続いています。

理由としては、各コールセンターとも札幌拠点の拡大が続き、新規業務立ち上げが頻発している。
が挙げられます。

採用競争力を高めるためにも、一般的に時給を他の職種に比べて高く設定する傾向があるのです。

コールセンターを選ぶ時のポイント

数あるコールセンターの中から、ご自身にあった職業を選ぶためにはポイントがあります。
代表例をご紹介します。

自宅や学校から近く通いやすい場所を選ぶ

たくさんのコールセンターが求人を出していますので、高時給のお仕事に目が行ってしまいます。

しかし、いくら高時給でも勤務地が自宅から遠い場所である場合、通勤に時間がかかってしまいます。
通勤は毎日の話です。
仕事を⻑く続けられるコツには、時給だけで選ばず通勤時間も考慮した職場選定が、重要といえます。

札幌のコールセンターの場合は、札幌駅や大通駅を中心に設置されていますので、ご自身が通いやすい場所を探すようにしましょう。

友人、知人が働いていれば【友人紹介】を利用する

【友人紹介】をご存じですか?
これは求人募集のうち、「既に働いている人のご紹介」で応募するケースです。

本人側のメリットでは、
・既に知人が働いているので、職場の雰囲気がわかる
という点があげられます。

また企業側のメリットは、
・既存のスタッフが紹介してくれる人なので、コールセンターの仕事内容・勤務環境をまったく知らない人と比べてギャップが少ない。
という点です。

友人紹介制度の多くは、紹介された方が入社決定、もしくは入社して●●週働けばという条件付きで、紹介のインセンティブ(手当金)が出るという制度です。
採用された方、紹介した方いずれにも手当金が出るケースが多いのが特徴です。

※企業によって条件は異なります。

コールセンター運営会社の HP を確認する

求人サイトでコールセンターの募集を見つけた場合、その会社で「他にどのような仕事があるかわかりにくい」という場面はありませんか。

求人内容には、企業ごとの特色が記載されている場合が多いです。
気になった仕事を見つけたときは、会社のホームページも見てみましょう。

ホームページの中に求人コーナーがある場合には、企業が出している人材募集内容を確認できます。

全体の情報をみると、
・大量採用が多い
・情報通信の仕事が多い
・短期・単発の仕事が多い

など、自社サイト内だけで募集している案件もあり、会社ごとの特色が出ています。

また、実際に働く人たちの声を紹介したページや福利厚生の情報など、求人サイトを見ただけではわからない内容が掲載されているので、応募前の参考にできます。

※企業により、ホームページのサイト構造は異なります。

それでも悩んでしまった場合

「色々見てみたけど、似たような仕事や時給が多いし、やっぱりどこのコールセンターがいいのか悩んでしまう」という方もいると思います。

そのような方は、「ご自身の今後の居住地の希望」も考慮してみるのはいかがでしょうか。

もしご家族が札幌へ転勤中の方であれば、このまま札幌に住み続けるかふるさとに帰るかを考えてみるのもよいと思います。
ふるさとにもコールセンターを運営している会社があれば、もしご家族と帰郷される際に、同業種の仕事を紹介してもらえる場合があります。

この場合、せっかく入った会社を退職することもありません。

そのほか、フリーターや大学生の場合、オペレーター上位職や正社員への登用制度があるかどうかもポイントです。
最初は気軽にアルバイトで始めた仕事が、時が経つにつれて「もっとここで働きたい」と気持ちに変化があらわれる時もくるでしょう。

オペレーターを極めるだけでなく、上位職のスーパーバイザーや、正社員になりたいと考えた場合、登用制度が存在しなければ、希望はかないません。
ご自身の希望を叶えるためには、継続的に札幌で働ける地域限定の正社員の募集や、リーダーや SV登用制度がある会社を選び、職場を探しましょう。

札幌市内に拠点を持つコールセンター・TMJ とは?

TMJ は札幌市内で 5 センター運営しています。
(2022 年 12 月現在。札幌駅前で 3 センター、大通駅前で 2 センター)

TMJ 札幌拠点では、主に
・大手人材サービス会社
・大手通信教育出版社
のお仕事を運営しています。

豊富なシフトパターンと、専門のトレーナーによるビジネスマナーが学べる環境をそろえています。

大手人材サービス会社のお仕事では、求職者の方とのやりとりがメインとなります。
電話対応がないお仕事もありますので、電話が苦手という方にもおすすめです。

大手通信教育出版社のお仕事は、シフトパターンが豊富で、現在でも主婦(夫)の方や学生さんなど多くの短時間シフトの方が勤務しています。

また、年間の繁忙期間が 10 月頃〜翌 3 月頃に集中しているので、「お子さんの夏休みの時に休みたい」という方も調整しやすいでしょう。

※業務内容や勤務条件は、入社時により異なる場合があります。

また TMJ は、センター管理者(SV、センターマネージャー、部⻑クラス)が、電話オペレーターから登用された人が数多くいる会社です。

オペレーターからのジョブチェンジの機会も定期的にあります。

地域限定の正社員募集もありますので、「ずっと札幌で働きたい!」という方の希望を叶えられるでしょう。

社内の休憩室では、専門のマッサージ師さんが在籍しています。
ぜひこちらも参考にしてみてください。

いかがでしたでしょうか。
札幌にはたくさんのコールセンターがありますので、応募するときの参考として役立てていただけますと幸いです。

TMJ では、札幌市内で一緒にお仕事をするメンバーを募集中です。
お仕事を検索ボタンから探してみてください。
ご応募お待ちしております。

お仕事を検索