コールセンターの求人に記載がある「日払い」の実態に迫る!

コールセンターの求人に記載がある「日払い」の実態に迫る!

コールセンターの求人には、「日払い可能」と記載されているものも多くあります。この表記は、「お金が今すぐにほしい」という人にはとても魅力的と感じられるはずです。

そんな日払い制度があるコールセンターの求人ですが、実際は当日お給料がもらえるというところは減ってきているようです。ここでは、意外と知られていないコールセンターの求人に記載されている「日払い」についてお話をしていきます。

 

「日払い可能」の落とし穴!日払い方法には3種類あった

「日払い可能」と記載を見ると、その日に給料をもらうことができると思っている人はとても多いものです。しかし実は、その認識は間違っていることが多く、日払いの定義を正しく理解していない人がたくさんいます。

日払いの定義は、「給料の計算を1日単位でする」ことです。ということは、その日のうちに払わなければいけないというわけではないのです。そのため、実際は働いてから1週間後や10日後に振込みというところも多くなってきているのです。

 

その日のうちにもらえる日払い

多くの人が認識しているのは、その日のうちに給料をもらうことができる日払いでしょう。お金に困っている人にはとてもありがたい、「即日払い」という方法が該当します。

実際のところ、即日払いにしているコールセンターの求人はあまり多くありませんから、当日お金が欲しいという方は、対象の求人がどのように給料がもらえるのか事前確認をしておくことをおすすめします。

 

管理事務所にお金を受け取りに行く日払い

日払いの中には、管理事務所に給料を受け取りに行く方法をとっているところもあります。仕事が終わってから管理事務所へ出向き、働いた分のお金を手渡してもらうというものです。

給料の計算をするので、「翌日以降に事務所へきてください」と言われるところも多く、その日のうちにもらえるかというと、微妙な場合が多々あります。

 

後日振込みで給料をもらう日払い

1番多い日払いのタイプは、後日振込みで給料が支払われるというものです。3日後・1週間後・10日後など、会社によってまったく違うので、しっかりと確認しておくことが大切です。

振込みで給料をもらう方法は、一般的な日払いのイメージとは異なっているかもしれません。

 

コールセンターの求人にはどうして即日払いは少ないの?

コールセンターの求人には日払い可能と記載がある場合が多くあります。しかし、その日のうちに給料が支払われるというのはとても少なくなっています。

ではその日のうちにもらうことができる「即日払い」は、どうして昔と比べて少なくなっているのでしょうか。

 

振込みはトラブルが少ないから

振込みで支払いが行われるようになった一番の理由は、支払い後のトラブルが少ないことがあげられます。

近年日本でもひったくりなどの被害が多発している地域があります。そのため防犯上の理由からも、現金を手渡すよりも、振込みで手続きする方が安全と考える企業が多くなっています。

 

面接時に確認する

ここでは、コールセンターの求人にある「日払い」の実態についてお話をしていきました。

一般的にイメージされている日払いはその日に給料をもらうことができる「即日払い」という方法ですが、「日払い」には当日お金を手にすることができない場合もありますから、応募の際や面接時に確認することをおすすめします。

あなたにとって良い条件の仕事が探せることを応援しています。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.