【コールセンターで働く】何を聞かれる?ドキドキの面接対策3選|TMJ

【コールセンターで働く】何を聞かれる?ドキドキの面接対策3選

【コールセンターで働く】何を聞かれる?ドキドキの面接対策3選

コールセンターのお仕事は求人が多く、比較的条件も良いため、挑戦してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。誰もが知っている有名企業や、憧れの企業の一員として働けるコールセンターは人気のお仕事です。コールセンターによっては、注目が集まり採用倍率が高くなることも。今回は採用に一歩近づくために、3つの面接対策をご紹介しましょう。

 

【対策1】面接前のチェックポイントを把握!

忘れ物は絶対NGです。履歴書など指定された持ち物は決して忘れないよう、事前に余裕をもって用意しておくようにします。

また、証明写真はサイズが指定されている場合がほとんどです。指定通りのサイズを準備しましょう。

面接前にチェックするポイントは、まず服装・身だしなみ、そして面接マナーです。

 

・服装、身だしなみはOK?

清潔感があり、落ち着いた服装を選びましょう。靴やバッグ、髪型も同様です。

書類やテストに文字を記入するときなど、ペンをもつ指先も案外目にとまります。男女とも爪はきちんと切っておきましょう。派手なマニキュアは、もちろんNGです。

 

・面接マナーはバッチリ?

指定された時間の5分から10分前には会場に到着するようにしましょう。先方も準備があるので、早過ぎてもいけません。面接前に携帯電話やスマートフォンは電源を切るか、マナーモードにしておくことを忘れずに。

 

【こんなときは電話連絡を!】

 *体調不良や急用などで、どうしても面接に行けない、または遅れそうな場合

 *道に迷って面接会場に着くのが遅れる場合

 

このような場合は、できるだけ早く担当者に連絡を入れましょう。この場合の連絡は、方法を指定されている場合を除き、メールやメッセージではなく、必ず電話で行います。メールでは、担当者がメールを確認するタイミングによっては、一方的なコミュニケーションになってしまう可能性があります。お互いの認識合わせのためにも直接連絡をしましょう。

 

【対策2】面接で聞かれることを先回りして準備

会場に到着した時から、面接はすでに開始しています。周囲の方へのあいさつや立ち居振る舞いに気を付けましょう。たまたま通りかかった方が関係者かもしれませんよ。

 

・自己PRのコツ

志望動機は面接でよく聞かれることの1つです。

自分の長所や特技、過去の職務経験などと関連付けてアピールすると良いでしょう。

また、面接を受ける会社について全く何も知らないようでは、信頼感を与えることができません。会社や業務内容についての基本的な情報は一通り調べておき、自分はそこでどのような貢献ができるかを伝えるのもテクニックの1つです。

 

・勤務条件(シフト)について

先方の希望とこちらの希望のすり合わせが行われます。勤務可能な日数や時間など、すぐに返答できるように用意しておきましょう。1度メモに書き出してみると、状況が把握しやすく、頭にも残りやすいのでおすすめです。主婦(主夫)の方は、家族とあらかじめ相談しておくとスムーズです。採用が決まってから「できそうもありません」では、採用者側が困ってしまいます。対応できる範囲、できない範囲を明確に伝えるようにしましょう。

主婦(主夫)の方の場合、家庭や子育てとの両立について確認されることも多いです。子供の急病や学校行事とシフトが重なった際はどう対応するのか、説明できるようにしておきましょう。

 

【対策3】面接に関する疑問は解消しておこう

面接で聞かれることは大体分かったとしても、他にどんなところがチェックされているのかもまた気になるところです。

 

・言葉遣いは重要チェックポイント

話し方や言葉遣いは、あなたの印象を決定づける重要な要素のひとつです。面接の際は明るくハキハキと、お客様対応にふさわしい言葉遣いを心掛けて臨みましょう。

 

・仕事のブランクが気になる…

女性の場合、出産や子育てなどで仕事のブランクがあるのは珍しいことではありません。

ブランクを心配するあまり、受け答えがあやふやになったり自信がなさそうになったりしては逆効果です。きちんと事実を伝えつつ、仕事に復帰したいという意欲を堂々と伝えましょう。

 

コールセンターに勤めた経験がある人なら、短時間で戦力になれるとアピールできます。

未経験者でもやる気と努力する気持ちがあることを伝えられれば大丈夫です。

 

おわりに

コールセンターでの業務知識やルールは入社後に教わることになりますので、面接の段階で分からなくても何も心配することはありません。

面接の場では、人としての印象や社会人としての一般常識があるかどうかなどが見られます。きちんとした態度で誠実な受け答えができれば、大丈夫です。自信をもって臨みましょう。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.