高時給も期待できるかも。優秀なコールセンターのオペレーターの条件とは

優秀なコールセンターのオペレーターの条件とは

コールセンターでオペレーターとして働く以上、しっかりとスキルを磨いて腕を上げたいと思うのが一般的です。そこで気になるのは、「優秀なオペレーターとは」どのような人材なのかということです。

コールセンターの実情として、オペレーターの中には、優秀な方もいればトラブルやミスが多い方も存在します。そして、部を統括する管理者は後者のような課題が山積のオペレーターに頭を抱えているとも言われるほどです。

 

優秀なオペレーターとは「サービス内容、業務内容がしっかり把握できている」

所属している企業がどのような事業を行っているのかという基本的な内容がしっかりと把握できているということはオペレーター業務に携わるうえでの大前提です。オペレーター業務に入る前に念入りな研修が行われることは多いですが、それはあくまでも基本的なことです。研修は1か月から3か月程度の研修期間がありますが、コールセンター業務を始めるとすべて研修通りにはいかないため、研修内容をしっかりと把握する必要があります。

自発的な勉強無くしては優秀なオペレーターの第一歩を踏み出せません。経験や慣れはこのような基本がしっかりしているからこそ身につくものです。

 

優秀なオペレーターとは「コミュニケーション能力が高い」

当たり前ではありますが、オペレーターは顧客と直接電話越しに会話を行います。相手の顔が見えないため、声のみで感情を読まなければなりません。

また、アウトバウンド業務の場合はひとまずこちらの話を聞いてもらうことが次に繋がる唯一のステップです。この関門をクリアするためにも、大きな声ではきはきと元気よく話す、謙虚な気持ちを持つということは重要となります。

さらに相手が話している時にさえぎらない、相手の話を最後まで聞くということも非常に大切です。最後まで話を聞く姿勢は必ず持つようにしてください。

相手とのコミュニケーション能力が優れていると、顧客第一という立場で務められるオペレーターとしてどの職場に行っても重宝される存在になることでしょう。

 

優秀なオペレーターとは「要領が良い」

やや漠然とした言葉に感じられるかもしれませんが、優秀なオペレーターであるかどうかの判断は「要領の良さ」で見極めることができます。特にインバウンドの業務の場合、お客様の目的を瞬時に判断できる能力があるかどうか、そしてその目的を完遂するためにはどの手順を踏めば最も効率が良く、さらにお客様に満足してもらえるか、ということが即座に頭の中でシミュレートできるのが優秀なオペレーターです。また、「常にゴールを見越したやり取りを行う」ということも重要です。相手と一緒に解決していくのではなく、オペレーター主導でゴールへと導いていきます。

 

優秀であれば高時給も

どの業界もコールセンターは存在するため、優秀なオペレーターは喉から手が出るほど欲しい人材です。コールセンター業界はなかなか時給アップが見込めないと言われていますが、最初から高時給で働くことも可能です。自分の仕事が時給として評価されることができれば働き甲斐にも直結するでしょう。

 

経験を積んで優秀なオペレーターになる

優秀なオペレーターは経験値を積んで腕を磨くことができます。特に「要領の良さ」については、まさに経験を積んだからこそ習得できるスキルと言えます。

誰でも最初は初心者という意味ではスタートは同じですが、そこからスキルを上げていけるかどうかは、あなたがコールセンターのオペレーターとしてどうありたいか考えることが大切です。優秀なオペレーターのコミュニケーション能力についてはこちらでも紹介しています。ぜひご覧ください。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.