高校生でも基本を抑えればOK。コールセンター業務の基礎を教えます

高校生でも基本を抑えればOK。コールセンター業務の基礎とは

あなたは、求人サイトで「コールセンター 高校生」と入力して検索したことはありますか?

コールセンターは仕事内容をイメージすると、学生が携わる業務としてはややハードルが高く感じるかもしれません。

しかし、実はコールセンターの仕事は、高校生でも基本さえ抑えれば何の問題もなく勤めることが可能です。

ここではコールセンターの仕事がどのような内容なのかについてご説明していきます。

 

コールセンター業務の基礎

コールセンターの仕事内容については、「電話の受発信業務」です。一つは、インバウンドといいお客様からの電話を受ける受信業務があります。これはお客様からもお問い合わせや注文に対応したり、社内業務を支援したりする業務です。

そしてアウトバウンド。これは発信業務お客様に電話を掛ける発信業務です。料金に関するご連絡や書類提出の催促、商品の営業、アンケート調査などがあげられます。

通常コールセンターで仕事をする場合は、最初はアウトバウンドのお仕事から始めて、慣れてくるとインバウンドのお仕事に移行するというケースが一般的です。

 

なぜ高校生でも働ける?

仕事内容を見ると、専門知識が問われる内容に感じるかもしれません。しかし安心してください。コールセンターには、それぞれきちんとしたマニュアルが存在しています。コールセンターは消費者と企業をつなぐ基幹となる場所です。だからこそ、どの企業も分かりやすく丁寧なマニュアルを作成していることがほとんどです。企業によっては手厚く研修制度を設けているところもあります。コールセンターの仕事をしていると、中にはクレームや名前が聞き取れないなど困ることもあります。しかし、業務中は必ずマネージャーなど経験豊富なスタッフが常駐しているので心配する必要はありません。決められたことを話す仕事基本ですから、最低限の業務内容を把握することで社会人としての経験がない高校生でも働けるというわけです。

 

気になる時給について

せっかく働くのですから、時給について気になるという方も多いはずです。実際に求人情報を検索すると大半が時給1000円以上となっています。

一般的に接客業などは時間や曜日で異なりますが、高校生が働くとなると800円台や900円台ということが多いので、時給1000円超えは魅力的となります。

また、インバウンド業務の中でも営業の場合、契約を取ることで時給にプラスしてインセンティブが上乗せされるケースもあり短時間で確実に稼ぐことが可能です。

 

高校生も活躍できる

コールセンターの仕事は、最初はマニュアルを覚えるのが大変そう!と思うかもしれません。しかし実際に10代の学生という若い感性を強みにテレオペレーターとして活躍する方はたくさんいます。

また多くがシフト制を採用しているので、この時間帯だけ、テスト期間はお休みしたい、といった融通がきく点も高校生が働きやすいポイントになります。

 

自分にあった仕事を探す

社会人経験がない高校生となると、コールセンターの仕事を探すにも何を基準にしたらいいかわからないという方も多いでしょう。求人票には、業務時間や時給など基本情報の他に具体的な仕事内容が記載されています。その中には見学可能な企業もあります。初めてで少し不安という際は、一度見学をしてみるとよいでしょう。経験はきっとあなたの将来に役立つはずです。これを機会にあなたにあった仕事を探してください。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.