単発のコールセンターの仕事はどんな内容?気になる仕事内容を具体的に教えます

単発のコールセンターの仕事はどんな内容?気になる内容を紹介

コールセンターお仕事に興味をお持ちの方は多いでしょう。女性が活躍している印象も強く、小さなお子様がいても働きやすい環境が、人気の仕事である理由です。

では、実際にどのような仕事内容なのか、コールセンターの仕事の中でも「単発」のものに焦点を当ててご紹介します。

 

「単発」とはどのような働き方なのか

まず、あまり耳にする機会がない「単発」という言葉についてご説明しましょう。例えば、1日から1週間といった非常に短い期間のみ仕事をするといった働き方です。求人雑誌や求人情報サイトなどでも見かけることが多いですが、非常に短い期間の仕事という意味で問題ありません。しかし、同じ短い期間なら短期の仕事とはどう違うのかという疑問を持たれる方がいらっしゃいます。短期は1か月から半年ほどの期間で仕事をすることです。、お中元やお歳暮の時期の1カ月から2カ月ほどの仕事も短期の仕事の一つと言えます。同じ少しの間だけ働きたいという場合でも、「単発」と「短期」を区別してキーワード検索することで条件に合致する求人が見つかるでしょう。

 

コールセンターでのお仕事とは?

仕事内容について一言で説明するならば、「お客様への電話対応」を専門とした仕事です。

電話対応にも2つの種類があり、

・お客様からの電話を受けてご説明する(受信する、インバウンド)

・お客様に電話をかけてご説明する(発信する、アウトバウンド)

というものが一般的です。

どちらにも共通することは、「その企業の代表として受け答えをする」ということです。コールセンターで働く人のことをテレオペレーターといいますが、テレオペレーターはとにかく丁寧な言葉遣い、豊富な知識が必要になります。

しかし、単発の仕事の場合は、アウトバウンドを行うことがほとんどになります。

では、アウトバウンドがどのような仕事内容なのか、チェックしておきましょう。

 

アウトバウンドの仕事内容について

上記でも少しご説明していますが、アウトバウンドとはお客様の電話番号に電話をするという仕事です。

その要件については、

1.何かを催促する

2.商品の営業

3.調査

という3つのジャンルに分けられます。

 

1.催促

料金に関する内容が多くあります。

例:「代金のお支払いが完了していないのですが・・・」

2.営業

実物の商品だけでなく、サービスを営業するというケースがあります。

例:「弊社の新商品のご説明でお電話差し上げました」

3.調査

消費者に商品のことを個別に詳しく聞かせてほしい、という内容が一般的です。

「アンケート調査でご連絡いたしました」

 

難しく感じていませんか?

ご紹介したお仕事内容は、いずれもテレオペレーターとして一定の実績が必要なのではないかと感じるかもしれません。しかし、ポイントは「単発で求人が出されている」ということです。「単発」の仕事は、経験値も問われるインバウンドの仕事よりアウトバウンドの仕事が多いため、具体的にどんな話をお客様にすればよいのか、きちんとマニュアル化されています。それに沿った内容で話をすればいいので安心です。

 

体験から始める

コールセンターでの業務内容や単発の仕事はどういうものか説明しましたが、頭の中で複雑に考えるよりも、まずは試しに飛び込んでお仕事を体験してみましょう。単発の仕事はコールセンター業務を把握するためにもおすすめです。ぜひ一度体験してください。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.