コールセンターで絶対に使ってはいけない代表的な言葉をご紹介します

コールセンターで使ってはいけない言葉とは

それは、コールセンターは、企業の顔とも言える重要なセクションだからです。特に、音声だけでお客様に応対しますから、声と言葉が決め手となります。横柄なものの言い方や、なれなれしい言葉づかいをしてはいけないという事は、想像つくでしょう。

しかし、私たちが日常的になにげなく使っている言葉の中にも、コールセンターでは使ってはいけない言葉があります。コールセンターで絶対に使ってはいけない言葉とは、どのような言葉なのでしょうか。

 

社内用語

会社内で限定的に使われている用語や略称です。お客様には通じないことがありますので、社内用語に気をつけましょう。

 

業界用語・専門用語

業界特有の用語や、業界従事者のみが知る専門的な用語や表現などは、業界の知識があまりない方には通用しません。

社内用語や業界用語、専門用語は、勤務年数が長くなると、当たり前のように使ってしまうことがあります。業界や商品の知識があまりない方にもわかりやすい、平易な言葉を選びましょう。

 

ファミコン言葉

ファミコンと言っても、ゲーム機器ではありません。ファミリーレストランやコンビニエンスストアでよく耳にする「間違っている敬語」をファミコン言葉と言います。

・「~でよろしかったでしょうか」という言葉はファミコン言葉の代表と言えます。「よろしかった」では過去形ですね。

×「~でよろしかったでしょうか」→○「~でよろしいでしょうか」

・「こちら、~になります」は、~に変化するという意味です。もうすでに、その物(状態)ならば、「なります」と言うのはおかしいですね。

×「こちら、~になります」→○「こちら、~です」

・「~の方」の方は、方向を表したり、複数の物を比較して選ぶときに使います。「お会計の方はお済みでしょうか」「私の方で担当させていただきます」など、耳にしたことはありませんか?

×「お会計の方はお済みでしょうか」→○「お会計はお済みでしょうか」

・「~から」は、「~だから」という意味と、「~から~まで」というある範囲の起点を示す言葉です。しかし、会計時にお札を出すと「○千円からお預かりします」と言われることがしばしばあります。

×「○千円からお預かりします」→○「○千円をお預かりします」

コールセンターでは電話を介しての対応なので、現金を取り扱うことはありませんが、ファミコン言葉のひとつなのでご紹介しました。

 

学生言葉・若者言葉

「ですから~」「ですよね~」と語尾を伸ばす話し言葉はだらしなく聞こえます。

「超~」「めっちゃ」「ヤバい」「私的には」「ていうか」など、普段から使っている言葉は、ついついでてしまうものなので、気をつけましょう。

「ごめんなさい」「すみません」は言ってしまいがちな言葉ですが、ビジネスシーンでは、「申し訳ございません」が正しい言葉です。

 

あいまいな言葉

OKとNO、両方の意味を持つ言葉に「大丈夫」「構いません」があります。

「大丈夫ですか?」と聞かれれば、「大丈夫です(構いません)」と答えたくなります。けれど、お客様は、ただ「大丈夫(構いません)」と言われても「本当かなぁ?」と不安が残ってしまうのです。何が、どう大丈夫なのかを明白にして答えるようにします。

「(○○しても)大丈夫なの?」とお客様から聞かれた時に、「○○していただけます。」と答えれば、お客様は安心できるでしょう。

 

まとめ

コールセンターで使ってはいけない言葉とは、お客様に不信感や不快感を与えてしまう言葉です。お客様は、オペレーターの言葉づかいから、この人は信頼できる人かどうかを判断します。美しく、正しい日本語は、お客様に良い印象と安心感を与え、オペレーターとしての評価も上がるでしょう。

正しい言葉づかいや敬語のマナーを学ぶことができることも、コールセンター求人の大きなメリットです。ビジネスシーンはもちろん、日常生活でも大いに役立ちます。

 

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.