コールセンターの受信バイトはきついって本当? それは間違いです

コールセンターの受信バイトはきつい?

未経験の人でも比較的高時給を得られるコールセンター求人に興味を持つ方は多いです。しかし、その一方で「コールセンターのバイトはきつい」というウワサを耳にし、迷っている方もいらっしゃることでしょう。

きついと言われる理由は、ノルマやクレームの事が大半です。コールセンターの発信業務(アウトバウンド)ではノルマを設定されることもありますが、コールセンター受信(インバウンド)にノルマはありません。しかし、コールセンター受信の仕事では、クレームの電話を受けることがあります。

クレーム対応は確かに大変な面がクローズアップされますから、不安になりますよね。

コールセンター受信のバイトははたして、本当にきついものなのでしょうか? また、どのような点がきついと思われているのかをひとつひとつ解説します。

 

クレーム対応の可能性は

コールセンター受信の場合、クレームの電話を受ける可能性があります。クレームは「商品」や「企業」を対象とするものがほとんどです。しかし、クレームを自分に向けられたもののように受け取ってしまい、ストレスを感じる方もいます。また、不合理なクレームに怒りを覚えてしまい、短気を起こしてしまう方は気をつけなければなりません。

クレーム対応については、「もうクレーム電話で困らない!対応のヒント5つ」の記事でも詳しくお伝えしています。ぜひご覧ください。

 

頼もしい上司や仲間がそばにいます

しかし、クレーム対応はもちろん、様々なお客様からの質問・相談等の対応については、研修でもしっかり学びますしマニュアルにも記載されています。

理不尽なクレームや怒りが収まらないお客様の対応で困った時は、リーダーやスーパーバイザーがそばについていますから大丈夫です。その都度相談できますし、困難な場合は交代する事もできます。一人で悩むことのないように万全のフォロー体制で応援します。

 

標準語で正しい敬語を使う強み

コールセンターでは、お客様と話す際に標準語を使用します。実は、日本語の方言は大きく分けて「東部方言」「西部方言」「九州方言」「琉球方言」の4つに分かれ、全体で16種類あると言われます。コールセンターには、全国のお客様から電話がかかってきますので、標準語と話すスキルと同時に、聴き取るスキルも必要です。

標準語を話すように言われても、急に完璧にすることはなかなかできることではありません。しかし、敬語を使いますと、ほとんどの方が標準語になります。学校で習う言葉は標準語ですから、自然に身についているのです。

方言に親しみを感じる場合もありますが、いろいろな考えのお客様がいますので、標準語と敬語を心がけましょう。

 

充実した研修で未経験者をしっかりフォロー

商品の知識やサービス、対応の仕方、話し方など、研修でしっかり覚えます。研修内容が充実している分、研修で覚えなければならないことも多いでしょう。

その分、研修期間は長めになります。ただ、未経験者でも無理なく学べるように、万全のカリキュラムが組まれていますので心配する事はありません。

コールセンター受信では、何か悩みや質問などの用件を持っているお客様からの電話を受けます。初めは戸惑うこともあると思いますが、マニュアルに沿って対応を行えば大丈夫です。また、困難な問合せ内容の時は、リーダーやスーパーバイザーに対応を代わってもらう事もできますので安心してください。

 

まとめ

働く前は往々にして「コールセンター受信はきつい」というイメージが先行してしまいますが、クレーム対応は受ける電話の一部にすぎません。慣れるまでは確かに大変な部分もありますが、それはどのバイトでもいえる事です。

クレームのほとんどは商品や企業に対するものであり、オペレーターに対してのクレームではありません。また、お客様の悩みや困ったことが解決した時は、感謝の言葉をいただくこともあります。お礼はオペレーターに向けられたものです。

コールセンターには明るく楽しい仲間や上司がいつもそばにいます。高時給を得られ、ビジネスマナーやマルチスキルを身につけられるコールセンター求人は、どこに行っても役立ちますよ。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.