コールセンターのバイトの業務内容と面接での注意点を解説します

コールセンターバイト内容と面接

まだ、コールセンターでアルバイトをしたことがない人にとって、コールセンターの仕事のイメージはどのようなものでしょう。「高給だけどハード」「ひとりでもくもくと電話応対」という風景が頭に浮かんではいませんか?

けれど、コールセンターで実際に働いたことのある方からは、「明るい快適なオフィスだよ」「活気があって、上司や仲間とのおしゃべりも楽しい」という、逆の話を耳にするでしょう。

楽しくできるのならやってみようかな? まだちょっとだけ迷っている方へ、コールセンターの業務内容の選び方と採用面接突破の秘訣をお教えします。

 

コールセンター求人の中で、自分に合う業務を選びましょう

コールセンターの仕事には、インバウンド(受信)、アウトバウンド(発信)の2種類があります。

インバウンドは、用件のあるお客様からかかってきた電話の対応をします。用件ごとに対応の仕方などがマニュアルに記されていますので、照らし合わせながら進めることができます。

アウトバウンドは、コールセンターからお客様へ電話をかけ、取扱い商品の販促やアンケート調査などを行います。リストを元に自分から電話をかけるため、自分のペースでできます。トークセンスが活きる仕事です。

業務については「【コールセンターで働く】求人情報はここを見て☆仕事内容・時給」の記事でも詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

 

バイト面接当日の服装と身だしなみ

例えコールセンターでの勤務時は、カジュアルな服装がOKとなっていたとしても、面接の際は、スーツやオフィスカジュアルなど清潔感のある服装を選びましょう。露出度の高い服やサンダル、スニーカーなどのくだけた服装では一般常識を疑われます。派手なアクセサリーや化粧、ネイルは避け、好印象を与える身だしなみで臨んでください。

 

面接でよく聞かれる質問と対策

面接時のやりとりから、面接官はコミュニケーション能力や聴き取り能力、反応の良さを見極めます。研修でスキルは身に付きますので、この時点で必要なのは素直さとハキハキとした応対です。

 

・志望動機 :志望するコールセンターの業種や仕事内容を把握し、自分のこれまでの経験を志望動機につなげてアピールします。未経験でも、研修によって高いスキルを身につけ成長したいという前向きな姿勢を見せましょう。

 

・シフト、勤務開始日の希望 :週当たりの出勤可能な日数や時間帯をはっきり答えられるように、自分のスケジュールをしっかり把握しておきます。業種によって、コールセンターが人員を充実させたい曜日や時間帯がうかがえます。自分の入りやすい曜日、時間帯と重なるコールセンター求人を選ぶと無理なく働けます。

 

・通勤時間、通勤方法 :無理なく通勤できるかどうかを確かめる質問です。自宅から自転車で○分、御社の最寄の○○駅まで学校から電車で○分など、通勤時間を把握しておきましょう。

 

・長所と短所 :コールセンターの仕事に活かせるものを長所とからめてアピールします。短所を語る際に、その短所をフォローするために工夫をしていることを付け加えます。また、行う業務に支障のない短所を選ぶこともひとつの方法です。

 

「質問はありますか?」と聞かれたら

「思っていたことと違った」などという後悔をしないように、気になることは事前に聞いておきます。しかし、給料や待遇、休日に関する質問は聞きにくいものです。そのような時は、質問の仕方を工夫します。

例えば、休日の場合、主婦の方なら「子どもが急に発熱したり、学校行事がある時など、育児中の女性の方はどのようにされていますでしょうか」

学生の方なら、「試験中などみなさんはどのように・・・」と言い換えて聞いてみてください。学業と両立させたいという気持ちは必ず理解してもらえます。

 

まとめ

コールセンターはお客様とつながる窓口です。お客様のお話をくみ取り、わかりやすく説明し、ご案内する仕事になりますが、そのようなスキルは研修で十分身につけることができます。

大切な事はやる気と素直さ、そして前向きな姿勢です。希望する条件に合うコールセンター求人を選び、ぜひマルチスキルと高時給を手に入れてください。

© 2018 TMJ, Inc All Rights Reserved.